2007年05月24日

温室効果ガス排出量、世界共通の目標設定を提案

安倍晋三首相は24日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量を2050年までに半減させる世界共通の目標設定を提案する、と表明した。
 東京で開かれている国際交流会議「アジアの未来」(日本経済新聞社主催)で述べた。
 安倍首相は、現在の技術の延長線上では目標の達成は困難とした上で、実現に向けて「革新的技術の開発」とそれを中核とする「低炭素社会づくり」の長期ビジョンを示した。
 安倍首相が提案したのは「美しい星50(Cool Earth 50)」と題したパッケージ。安倍首相が提唱する「21世紀環境立国戦略」の中核にする方針で、1)世界全体の温室効果ガス排出量を削減するための「長期戦略」の提案、2)2013年以降の国際枠組み構築に向けた「3原則」の提唱、3)京都議定書の目標達成に向けた国民運動の展開──の3つの柱から成る。
 温室効果ガス排出削減では、経済成長と温室効果ガスの排出削減の双方を同時に達成できる技術を国際協力により開発していくほか、公共交通等の効率的な移動システム、コンパクトなまちづくりなど、社会システムの変革にまで踏み込んだ改革を打ち出すことを強調。また、2013年以降の温暖化対策の具体的な枠組みを設計するために、「主要排出国すべてが参加する」などの3原則を掲げ、そのために、途上国を支援する新しい「資金メカニズム」の構築も盛り込んだ。
 安倍首相は6月6日から開かれる主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)で、これらの提案を表明する見通し。

5月24日20時23分配信 ロイター

posted by エコ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

「eco検定」(正式名称は環境社会検定試験) なるものが登場した。

世の中もっぱらの検定ブーム。ご当地検定、映画検定、時刻表検定…何から何まで「検定」である。受験者も結構集まっているようだ。「検定なんてくだらない!」という意見もあるが、私も自分の詳しい分野についての検定があったら受験してみたいと思ってしまう派。なんか、取らなきゃ悔しいって感じ? 人から認められるっていうか、「あなたはこの分野のプロ」っていう証があるとやっぱりうれしいもんね。

そんな中「eco検定」(正式名称は環境社会検定試験) なるものが登場した。東京商工会議所が主催するこの検定、『環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む“人づくり”、そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指す』という目的のもと新設された。合格すると「エコピープル」として認定される。受験資格は特になし。LOHASやサステナビリティという言葉が毎日のようにメディアで飛び交う今、受験者が殺到すること間違いない。

実際どんな検定なのか。出題範囲と問題例を見ると、環境問題に関する実態、歴史、考え方、用語などを問うものが多い。「グリーン発電」「京都議定書」「3R」など、日ごろ耳にするうろ覚えの環境用語をまとめて整理するにはいいチャンスかもしれない。

東京商工会議所によると、受験者数はまったく未知数であるが、問い合わせや「期待しています」などの声が徐々に増えており、手ごたえを感じているとか。中学校・高校が学校ぐるみで、企業が社員全員で、など、団体で受験するケースも珍しくなく、かなりの受験者数が予想されている。「目標は10万人」という数字もひょっとしたら初回で実現可能かも。

eco検定は、資格ではないので、取得したからといって直接就職や仕事に結びつくわけではない。しかし、企業のCSR活動や環境ビジネスに活かす以外に、日々の暮らしの中で正しい知識をもって環境を意識した生活を送る上でも大いに役立つ資格といえよう。「中学生からビジネスマン、主婦の方まで幅広く受験してほしい」という言葉にも頷ける。

第一回試験は10月15日(日)。興味のある方、ぜひとも検定にチャレンジしてエコピープルになろう。


2006年06月18日 00時00分エキサイト より
posted by エコ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 新聞記事等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

東商、エコ検定制度を創設  4/24日刊工業新聞

東商、エコ検定制度を創設

 東京商工会議所は全国規模で環境社会検定試験(エコ検定)制度をスタートさせる。

環境問題に関し幅広い知識を持ち、率先して取り組む人材を育成するのが狙い。

10月15日に18道府県32商工会議所の協力を得て、東商を含む33会議所で第1回

「環境社会検定試験」を実施する。今後さらに他の会議所にも共催を呼びかけ、

規模を拡大したい意向。

 取得活動で企業は社員のエコ意識向上、適切なCSR(企業の社会的責任)対応や

商品・サービス開発でのメリットのほか、イメージアップ効果が期待できる。

学生も就職活動のアピール材料に使える。東商が各地会議所と共催で展開する検定試験は

カラーコーディネーター、ビジネス法務実務、福祉住環境コーディネーター、国際会計に

次いで5例目。

 検定の出題はマークシート方式の選択問題で、制限時間は2時間。級の設定はなく、

公式テキストの(1)持続可能な社会に向けて(2)地球人としてのわたしたち

(3)環境と経済・社会(4)わたしたちの暮らしと環境(5)環境と共生するために

―の5項目から出題する。

 100点満点で70点以上が合格。申し込み締め切りは10人以上の団体が8月23日、

個人が8月25日。受験料は5,250円。また、6月5日15時から東京・丸の内の東商ビルで

「eco検定創設記念フォーラム」を開催する。福地茂雄アサヒビール相談役らを招く。

資料:4/24 日刊工業新聞
posted by エコ at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。