2007年02月11日

CO2の海底下封入が可能に という記事を見て

二酸化炭素(CO2)を海底下の地層に封じ込めることを認める「ロンドン条約」の改正議定書が10日、発効した。主要な温室効果ガスであるCO2の大気中への放出を削減する技術として注目されている。
 政府は、今国会に海洋汚染防止法改正案を提出するなど、改正議定書に対応した国内法整備を進める。
 改正議定書で認められたのはCCSと呼ばれる技術。発電所や工場で大量発生するCO2を分離・回収し、海面下1000メートル以上の地層に圧縮して貯留する。 

2月10日15時1分配信 時事通信


個人的には、コストが問題なのかな?と思います。
二酸化炭素問題の完全解決にはならないが1つの方法なのかな?
posted by エコ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 温暖化問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。